So-net無料ブログ作成
検索選択

卒婚できない!経済力が無いなら事前の準備が大切です! [卒婚できない]

子供が巣立ったら卒婚したい!
会話も少なくなり、一緒にいる必要がないと思ってしまう。
このまま老後を迎えても、希望が見えない。

そんな風に悩んでいる主婦の方は意外に多いかもしれません。


271170.jpg


今は子供がいるから夫婦で一緒に暮らしているが、
将来のことを考えると、今の内から卒婚の準備を始めたい。

でも現在、専業主婦のため収入が無く、
卒婚したいが生活できないので、
卒婚の経済事情について知りたいと思っている。

あなたもそんな風に思っていませんか?



私も同じ様な状況で困っているので、
本やネットからいろいろな情報を調べてみました。



■卒婚にかかる費用

卒婚は、簡単にいうと離婚や単なる別居とは違い、
籍をいれたまま、満足した形で夫婦それぞれで暮らすものです。

そのため、それぞれの財布から生活費を出すことが多いですが、
夫婦によっては、1つの財布から生活費を出す場合もあるようです。

夫婦それぞれの財布から生活費などの費用を出す場合、
最低でも、

・家賃
・光熱費
・携帯代
・生活費

などがかかってきます。

どれも場所や利用の仕方によって費用が変わるところですが、
1番お金のかさむ家賃の場合、1Kの間取りで、
地方だと2万円台、都心だと5万円台からありました。




■卒婚までの準備

卒婚は費用がどうしてもかかるもののようです。

家賃や生活費のほかにも、引っ越し費用、
月1回会う場合は交通費などが必要になってきます。

出来るだけお金をかけないようにするために、
実家に引っ越すという選択もあるようですが、
それでも自分の生活費は最低限、必要になってしまいます。

そのため、卒婚について、
夫婦で話し合いをもつことが大切になってくるようです。

話し合いの中で、経済力がある方が
生活費などを払うといった方法が見つかることもあるようです。

だから、卒婚に向けて話し合いのできる環境を
作っていけるといいかもしれませんね。



■卒婚までにお金を貯めたい

夫婦で話し合いを設けたとしても、
「お金を払いたくない」と言われることも多いそうです。

逆の立場なら、私もそう言いたくなると思うので、
気持ちは分かります。

そのため、卒婚に至るまでに
出来るだけお金を貯めておきたいものです。

引っ越しの際、敷金・礼金はかかってきますし、
家具などを購入すると、何十万円というお金が
必要になってきますしね(^^;)

私は専業主婦なので、
収入がゼロという点がネックでした。

何とか旦那にバレないように副業出来ないものかと思い、
いろいろ調べていると、専業主婦の私でも
収入を得られそうな方法を発見しました。

それは・・・


情報販売という方法です。


情報販売というと何かうさんくさいですよね。
私も始めはそう思いました。

でも、名前は難しそうですが、
やっていることは非常にシンプルです。

自分が知っている知識を、
価値を感じた人に買ってもらうというものです。

本屋さんで本を売るようなイメージです。

私はパソコンで検索ぐらいしか出来ませんでしたが、
アトラクトインカムという情報販売のマニュアルを見て
実践することができました。

このマニュアルは、私のような50代の方でも収入を上げているので、
頑張ってみようという気持ちになりました。

また、マニュアルには全額返金保証制度がついているため、
マニュアル代分の収入が無かったら、全額返金してくれるので、
勇気を出すことができました。

まとまったお金を貯めれたら、もっと自分を大切にして、
友達や両親などと自由な時間を過ごしていくつもりです(^^)

気になった方は、こちらからチェックしてみてください。
     ↓     ↓     ↓
【アトラクトインカムの公式サイトはコチラ!】



















卒婚できないなら、それ以外で解決できる方法を探しましょう! [卒婚できない]


自分に経済力が無い場合や、パートナーに理解してもらえない場合など、
卒婚するのが難しい場合には、卒婚以外の解決策を探すのが現実的です。

例えば、旦那が家では何もしてくれなかったり、
どんなことにも依存してくる場合は、そのことを話し合って
自分の時間を作るように工夫すると良いです。

こういった夫婦生活を作るのは欧米の方が理解があるようで、
決まった曜日はどんなことがあっても断って、
夫婦で夜を過ごすなどされている家庭が多いようです。

別居や離婚の中に卒婚という考え方があるのは良いことだと
個人的には思っています。

結婚までには、付き合う期間があり、同棲などもあるのに、
結婚から離婚までは、別居ぐらいの選択肢が無いので、
ちょっと極端だなって思っていました。

言葉に問われるよりも、
夫婦の理想の生活スタイルを見つけていけるのが
1番ですよね。






言葉には強い力があります。 [卒婚できない]


言葉には強い力があるというのは感じていましたが、
脱法ハーブから危険ドラッグに呼び名が変わるなど、
改めてその力を感じました。

卒婚ということばも、離婚という言葉と比べると
ポジティブカジュアルに感じますよね。

卒婚という言葉が無かった頃は、
我慢が限界に達したら別居や離婚という風に
結婚から離婚までの間には選択肢がほとんどがなく、
極端なところがあったと思うのですが、
卒婚という言葉が出来てからは、
選択肢の1つとして捉えられているように思います。

教育者は言葉にこだわりを持っている事が多いですが、
その意味が分かったような気がします。







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。